ハイキング、登山、紅葉、スキー・・・、1年を通して大自然を満喫。
高原の静かな夜と爽やかな朝の空気で心身をリフレッシュ!

温まる上にすっきり清潔になる!(ファスティングプラン内アロマクラフト2)

ブクブク泡の入浴剤を手作りしましょう!

11月に行ったファスティングプランの中で好評だったアロマクラフトで作った「バスボム」。

炭酸水素ナトリウム(重曹)とクエン酸で作る入浴剤です。

炭酸水素ナトリウムとクエン酸で作る炭酸泉は毛穴の汚れまでしっかり落としてくれさっぱりとします。

また血行もよくなるので、湯上り後もポカポカ暖かいです。

★用意するもの★

<材料>

炭酸水素ナトリウム(重曹)・・できれば食用のものがよいです。(掃除用のものならば混ぜ物がない重曹100%のもの)

クエン酸・・・できれば食用のものがよいです(掃除用のものならば混ぜ物がない100%クエン酸でできたもの)

コーンスターチまたは片栗粉

食紅→なくてもOK(真っ白なものができます)

精油→アロマクラフトなので使いましたが香りが苦手な方はなくてもOK

 おすすめの精油・・・ラベンダー、スイートオレンジ、ゆず。ひのき、ローズ、ジャスミン、カモミール、ローズマリーなど

20220206_131807

 

 <道具>

プリンのカップ(スーパーで売ってる三個組のプリンやゼリーの空きカップ)、かき氷アイスのカップなど3~5個

※軟質のものは取り出しにくいので避けたほうが良いです。プラスチックのプリン型やかき氷の空きカップは取り出しやすいしお花型になるので可愛いです。

ガチャカプセルを使うと、球体のものができますが最初はカップから始めたほうが良いかも。

計量カップ

霧吹き

ボウル

ポリエチレンなどの使い捨て手袋

新聞紙

ジップロックまたはタッパー

20220213_151751

 <作り方>

1.重曹180cc、クエン酸90cc、コーンスターチまたは片栗粉90ccをカップで計り、

食紅は小さじ半分程度、ジップロックまたはタッパーに入れます。

2.ふたをしっかり閉めてシェイクシェイクシェイク・・ひたすらふります。全体的にうっすらと色づいてサラサラになってきたら

 ボウルに移します。

3。手袋をして精油を5~10滴全体をかき混ぜながら足します。塊ができるようであれば指先ですりつぶすようにして混ぜてください。

4.全体に混ざったら霧吹きで2プッシュくらいずつ水を足してはかき混ぜます。

 水をかけすぎると溶けて炭酸ガスが発生してしまいますので気をつけながら水を足しつつ混ぜます。

5.握ってみて手から放してもぽろぽろしないくらいの硬さになるまで水をかけながら混ぜてください。

 (大体2プッシュを4回くらいでしょうか?霧吹きの大きさにもよります)

20220206_133335

 

 

6.よい硬さになったらプリン型に詰めていきます。 ギューッと力を入れ抑えながら詰めてください。

 この時点で色を変えたいと思ったら違う色の食紅を足し、少し水を加えてしっかり混ぜてください。

20220206_133442

 

7.いっぱいに詰めたら、15分~20分くらいそのまま放置

8.新聞紙の上に型をひっくり返します。しっかり固まっていればきれいにすっぽりと取り出せます。そのまま半日~一日置いて出来上がり。

(3個組のプリン型が1個しか残ってなかったので100均で買ったくまさん型プリン型と水ようかんの空きカップもつかってます)。

※色チェンジは最初に全体に赤を使い(ピンクの熊さんプリン型)、二個目を詰める前に残りの粉に黄色の食紅を少し足してまぜて詰め(オレンジのプッチンプリン型)

三個目を詰める前に緑の食紅を混ぜて詰めてます(緑のくまさんと水ようかんのカップ)

カップにつめきれなかったものはおにぎりのようにぎゅっと握ってそのままおいてみてください。

20220206_140109

 ★精油と水を別々に入れるのが面倒・・・というときはアロマクラフト1でつくったアロマスプレーを使うと便利です

★最初から食紅を入れるのではなく、重曹とクエン酸、コーンスターチのみをシェイクしたものを三等分に分け三色くらい作っておくのもよいです。

 

【そのほかのアロマの楽しみ方】

 アロマクラフトでは希釈して使いましたが、精油をそのまま使う方法もあります。

 一番簡単なアロマテラピーなのですが

  ◎アロマストーン(石こうでできたもの)に2~3滴落として使う(下の写真左)

  ◎木製のアロマポットに4~5滴落として使う (下の写真右)

20220212_161007

 

▲ページトップ